テナント設計@高知蔦屋書店PJ

高知へ行ってきました。理由は、これから新しくできる蔦屋さんのテナント設計説明会に参加するためです。

この蔦屋は、もともと企業団地内にあった巨大な倉庫および建物。これをリノベーションして新しくオープンさせる取り組みです。素晴らしいプロジェクトですね。プレスリリースされたコンセプトは、以下の通り


「高知 蔦屋書店」は、職人のこだわりから 日常が楽しくなる“市場”をコンセプトとし、高知県が誇る「食」を中核とした市場のような「にぎわい」を目指した地域密着型の大型複合書店です。また、女性活躍の先進県である高知県において、親子が一緒にゆっくりと楽しめる場所として、子育て支援にも注力し、様々なお客様が集う地域コミュニティの拠点を目指してまいります。


その現地視察もしてきました。圧倒的スケール!

これから、本格的に設計業務が始まります。11月にオープン予定で進行中。
こんな感じの蔦屋になります。