リゾートホテルを感じさせる福祉施設

FACILITY

本プロジェクトは、クライアントである福祉法人から入居者にとって居心地の良いリゾートホテルのような施設をつくりたいという要望から始まった。小高い敷地に2階建ての施設を計画するに当たり、ファザード部分にレイヤー(層)を切り分け横方向にシャープさを表現した。また、外部はリゾート感がでるように高低差を活かした植栽やアプローチ・照明の計画を施した。

内部は、ホテルのラウンジを彷彿させるレイアウトと仕様にて計画。併設するカフェは、施設外の一般客の利用者が気軽に来店できるようカジュアルな空間に。

計画当初は、大スパンを持つ施設であるためコンクリート造または鉄骨造で検討したが、これからの時代は木造という観点から大規模木造の構造を採用した。デザインと構造、双方とも今までの常識にとらわれずに、これまでにない福祉施設を実現させたプロジェクトであった

【概要】

延床面積:1232.68㎡
構造:木造2階建て
工期:4ヶ月