解体工事スタート

ゴールデンウィークが終わり、新しいプロジェクトが始まりました。 西麻布のテナントビル内の店舗設計です。 ビルからは、こんな眺望。 引き渡し時の内部は事務所仕様ですが、これを一度すべてスケルトン状態に解体します。 解体工事後、間仕切や天井が無くなった空間が現れました。 もともとの事務所は天井高さが2600ミリ。 既存天井を撤去すると、かなりの高さが確保できることが分かります。 実際には、3800ミリ程度が有効に使えるデザインができそうです。 これから、現地で細かい施工会社と打合せが始まります。 合わせて、解体後の躯体や設備を元に最終の実施設計を行います。 7月完成予定で進行中です。...

新社屋ビルの設計契約完了

こちらのプロジェクトですが、無事に設計コンペが終わり 弊社が1位で通過。よって、クライアントより正式に 契約を取り交わし、進めていきたいと連絡がありました。 場所は、博多区の古い建物や街並みが多く残るエリア。 現在はコインパーキングの敷地にビルを建てます。 今回は、色々と街並みに溶け込むデザインをコンセプトに検証。 さらには、内部のインテリアや動線・コミュニティなどを訴求ポイントとして ご提案させていただきました。 これから、本格的に基本設計が始まります。 そして、秋頃に工事着工になる長期プロジェクトです。...