まもなく上棟します

こちらの大型物件ですが、まもなく上棟を迎えます。 とにかくデカイ。 通常、この規模はRC造か、鉄骨造が多いのですが 今の時代を反映して、あえて木造で設計しています。 木造でも大スパンが可能な構造設計を行いました。 遠くから見ると、結構なボリューム。 現地で細かい打ち合わせを行ったり、これから 一気に動き出すので、しっかりと内容を詰めて現場との コミュニケーションを取っていきます。 自販機発見! ...

基礎工事中

こちらの案件は、基礎工事が終わりました。 この日は大雨で誰もいません。 今後の工程は、4月上旬に建方を行い上棟します。 それに向けて、先行配管工事を行っているところです。 180坪(600㎡)の基礎は、流石に大きい。 先行して行った造成工事との納まりもバッチリ。 桜も満開に近づいたと近寄ってみると これ薄いピンクと濃いピンクが混ざっています。 こういう桜ってあるんですかね?もしかして桜じゃない?? 余談でしたが、今 この現場は着工前で最高にバタバタしている日々。 現場サイドと様々なやり取りが行われています。 図面が無いので、進まない ということが無いようにしないといけません。...

地鎮祭を行いました

こちらのプロジェクトは、造成工事を終えてキレイに整地された敷地内で地鎮祭を行いました。天気も晴れて一安心。 これから、本格的に工事が始まります。6月中の完成に向けて急ピッチで進行中。...

造成工事中

こちらの案件は、造成工事の真っ只中。 敷地に高低差があるので、しっかりとした擁壁を設置します。 この擁壁工事が終われば、埋戻しを行い 次は、基礎工事へと移ります。 今回の擁壁は現場打ちのコンクリート塀でなく、製品のPC擁壁を採用。 仕上がりが圧倒的にキレイで短納期で完成します。 造成が終われば敷地のイメージが付きますので、外構の植栽計画が立てやすいものです。...

造成工事よりスタート

こちらの案件ですが、いよいよ工事が着手しました。 まずは、造成工事から。 現状の敷地は、結構な高低差があるので 建物を建てるために擁壁を設置します。 今回は高さ3mの高さを2段に分けて設置。 その設置のために、まずは重機にて掘削を行います。 広大な土地に370坪前後の施設をつくります。 これから造成→基礎工事という流れで 3月から躯体工事に取り掛かる予定で進行中。...

詳細打ち合わせ

こちらのプロジェクトは、確認申請を提出しました。(ふぅ・・) ただし、確認箇所があるのでクライアントと引き続き打ち合わせを。 この日は、模型やCGを用いて仕様関係 それに 空調や電気設備などの確認を。 どんどん内容が詰まってきており、これから本格的に工事見積依頼へシフトします。...

介護設備機器の打ち合わせ

こちらのプロジェクトは、現在設備関係の仕様を決めているところです。今回は施設の設計で、介護に絡む設備機器を要します。よって、施主と共にメーカーショールームへ打ち合わせ・確認に行ってきました。 まずは、浴室関連 続いて、トイレ・洗面関連 全てが使う人のことがよく考えられている商品であり、蓄積されたノウハウの塊と確信しました。目から鱗の体験です。 内容も次々と確定してきました。 確認申請に向けても設計図のスピードを上げていかねばいけません。...

スタディ模型とプレゼン準備

こちらのプロジェクトは、敷地調査が終わり本格的に業務がスタートしました。 まずは、ゾーニングを終えて 検討用のスタディ模型作成とプレゼンテーション用の資料準備を行います。全体で1200平米程度の大きな2階建で今回は進める予定です。 超ラフでまずは模型を検討用に。 構造のバランスなども考慮して、、ゾーニングも建築基準法や消防法などを検討しつつ。 本格的にはじまった本プロジェクト。新しい技術や技法を取り入れた時代に優しい建物を目指します!...

福祉施設のプロジェクト

とても規模が大きく、そして魅力のあるプロジェクトが始まります。まずは、関係者キックオフMTGから。 理事長をはじめ、事務局の方々との顔合わせ・現施設の下見・概要やスケジュールの確認などを行いました。 これが、21年前に建設された施設。 内部も案内していただき、必要な機能や動線などを教えていただきました。 現施設での説明が終わり次第、新しい建設予定地へ移動。現施設から15分ほどのところにある500坪の土地へ。 自然が豊かで、眺望も申し分ない。 建物の延床面積は、およそ360坪(1200平米)程度になりそうです。これらかの時代にピッタリな先導的な工法や資材を用いた最先端の施設を提案していきます。完成は2020年3月頃なので、来年は実りある年になりそうな予感です。 ...