PLAY&TRIP

高知へ移動+探索

現在、高知市内で大きなプロジェクトが進行しております。その打合せがある度に、少しでも・見れない・食べれない・行けない・買えないところへということで、高知をくまなく探索。その道中記のスナップショット。どこだか分かる人は、すごいです!!わかりますか?雲の上・・・こちらも雲の

PLAY&TRIP

食とワインを楽しめる『菊鹿ワイナリー』

先日、ゆっくり自然を堪能する目的で菊鹿ワイナリーさんへ行ってきました。ここは、なにより自然豊かで気持ちが良いスポット。ランチはビュッフェでいただけます。特に目を引くのが、有機的な構造体をもつ建物。敷地にはぶどう畑もあります。ペット連れの人には良いお出かけ

PLAY&TRIP

少し残念な、、熊本市営託麻団地

仕事先で時間を取り、熊本市営託麻団地を見てきました。昔、この団地のデザインを見学に行ったことがあります。久しぶりの訪問です。さて、この団地1960年代後半に建設された約4ヘクタールの低層団地の3期にわたる建替計画。熊本市の北東部、阿蘇へ通じるなだらかな丘陵地で落ち着いた

MEAL PLAY&TRIP SHOP/STORE

食と暮らしの詰まった 『ぶどうのたね』

※また、建築ブログから脱線・・・福岡への帰りにランチのために、寄り道を。ここに来るたびに思うのですが、集客力とブランディングにおいて群を抜いた存在だと思います。それが『ぶどうのたね』さん。特に女性から圧倒的な支持だと思います。ほぼお客さんは女性です。ここが入口。

MEAL PLAY&TRIP SHOP/STORE

1日1組のフレンチレストラン

先日、息子の七五三で帰郷しました。そのときに毎年、家族で集い食事をする『シェまつむら』に行ってきました。シェフの松村さんはパリのレストランで修業して、日本に帰国。ホテル海の中道やハイアットリージェンシー福岡の料理長を務め、宗像で古民家を改装した隠れ家レストランを開きまし

MEAL PLAY&TRIP SHOP/STORE

Go To うきは市 その2

食事の後は、ショッピングへ。うきは市といえば、白漆喰壁の町家。パタン・ランゲージとでもいいますか、この町並みを維持保存するという意義を感じ取れます。まずは、『ぱんのもっか』さんから。パンストックやアマムダコタンさんみたいな

MEAL PLAY&TRIP SHOP/STORE

Go To うきは市 その1

休みを利用して、食べる・買うの旅へ。場所は、おしゃれスポットの多い『うきは市』へ。福岡市からは、1時間ほどで、『うきは市』に到着します。まずは、ランチから。市街地から、更に山奥へ30分ほどのところにあるスモーク料理やパエリヤを提供する美味しい料理店『IBIZA』さんへ。※姉妹店

PLAY&TRIP SHOP/STORE

ノスタルジーを感じる出島

この日は、作家さんの作品を購入する用事で出島へ。そこは、この圧倒的というか、かなりヤバメなファザードのビルが目印。ガラススクリーンが特徴的。築年数は軽く70年は超えていそうな感じで、もしかしたら長崎の原爆投下も乗り越えた建物かもしれませんね。このビルの1

PLAY&TRIP SHOP/STORE

白井晟一の銀行建築とパン

長崎出張で、長崎駅近くに泊まったので少し近くを探索。お目当ては、白井晟一の作品を見ること&パンを食べること。長崎の銀行といえば親和銀行。本当に昔の親和銀行はすごかった。今では見られない美しい銀行建築を建てていたですよね。その設計は、最も尊敬する建築家『白井晟一』

PLAY&TRIP SHOP/STORE

五ケ山クロス ベース

仕事帰りにちょっとよってみました。ここは、ダム周辺をアウトドアスポットとして開発したところ。福岡都市圏から最も近いアーバンアウトドアの聖地として、五ケ山クロスの拠点となる「BASE」、新感覚のキャンプが楽しめる「CAMP SITE」、川遊びを楽しむ「RIVER